ブライダルアーツ

Home > ビジネス> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。

結婚式にゲストとして参加することは、長い人生の間では何度かあるという人が多いのではないでしょうか。しかし、初めて参加する際や久々の参加となればわからないことも多くなってしまいます。マナーをしっかりと守らないと、おめでたい席に水を差すことになってしまい、新郎新婦にも恥をかかせたり迷惑になりかねないので気をつけましょう。まず気をつけておかないとならない点は、身だしなみのマナーです。特に女性は服装には十分気をつけましょう。白いドレスやワンピースは、新婦のウェディングドレスと被ってしまうので絶対に避けるべきというのは、今や常識中の常識となっていて、誰もが知っている事ではないでしょうか。しかし白でなければ良いというものではありません。薄いピンクやベージュなど、白っぽく見えてしまうものも避けておくべきです。ボレロくらいならば問題はないのではないかと考えてしまいがちですが、上半身は写真を撮る時に必ず写る部分であり、上半身に白が入っていると花嫁とかぶるのでマナー違反という印象を与えてしまいます。カラーだけではなくデザインにも注意が必要です。ミニ丈やベアトップのドレスなど露出が多いドレスは、ふさわしいとはいえません。スパンコールなど派手すぎたり奇抜すぎるものも避けておきましょう。結婚式の主役は新郎新婦であり、ゲストが新郎新婦よりも目立つべきではありません。女性の服装として適しているのは、膝が隠れるくらいのワンピースで上品なタイプのものが良いですが、おめでたい場なので華やかさも大切になります。若い女性の場合には、少し膝が出る丈のワンピースでも問題はありません。近年ではワンピースタイプのドレスを着用する人が多いですが、和装を着ていくと場を華やかにすることができるので、新郎新婦やその家族を始めとし、式に参加する人にも喜んでもらうことができます。おめでたくて改まった場だからこそ、身だしなみには十分配慮しましょう。
PAGE TOP ↑