家CoCo

Home > 住宅> 家CoCo

家CoCo


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉で一戸建て・マンションのリフォーム・リノベーションなら家CoCo(うちここ)にお任せください! 年間2,800件以上の施工実績があり、お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の住まいづくりのお手伝いを致します。 千葉|八千代|四街道|船橋|習志野|佐倉|印西|鎌ヶ谷|市川|白井|浦安|幕張|美浜区

二世帯住宅の暮らしを千葉で考える方も多く、家族と一緒に生活できるメリットは大きいです。千葉は企業もたくさんあり、子供が千葉で就職をして、親と実家で一緒に暮らすケースもたくさんあります。二世帯住宅の暮らしを考えて、リフォームを進める事で、快適に暮らせる空間づくりを進める事ができます。それぞれの部屋を用意する事も大切ですし、家族みんなでコミュニケーションを取れるように、広めのリビングを用意する事も考えていけます。一緒に暮らせるようにする事で、家族それぞれが仕事を頑張って、リフォームのお金を貯めていく事ができ、無理なく新しい住まいづくりを進められます。子育てを考える若い世代にとって、夫婦共働きのご家庭も多いため、親に子育ての協力をしてもらえるメリットは大きいですし、親も介護が必要になった時など、家族の協力で安心できます。一緒の家で生活する事で、今まで大変に感じていたことも柔軟に対応ができ、安心して暮らせるようになる方もいます。二世帯住宅を考えたリフォームを進める際に、実績があるリフォーム業者に相談をする事で、いろんな提案をしてもらう事ができ、より生活しやすい空間づくりを進めていけます。音楽の演奏を趣味にする方の場合、他の家族の迷惑とならないように、音が響きにくい空間を作るなど、部屋に工夫をする事もできるようになります。家族みんなが集まりやすい空間にしたい時は、玄関から家に入り、リビングを通ってから、それぞれの部屋に行けるようにする事で、家族が話をする機会を増やせる場合があります。ご年配の方にとって、二階に部屋があると、移動が大変に感じる場合もあるため、親は一回の部屋でのんびりと過ごせるようにして、子供部屋は二階に用意するなど、生活しやすい空間づくりにも注目です。二世帯住宅のリフォームを進める時は、家族それぞれの希望を聞き、こだわりたいことを取り入れて丁寧に作業を進めてくれる千葉のリフォーム業者を見つける事も重要です。
PAGE TOP ↑