お店がどっとこむ

Home > サービス> お店がどっとこむ

名入れノベルティ・記念品・販促品の”お店がどっとこむ”


ノベルティの関連情報

ノベルティ(novelty item)とは、原義では「目新しいもの、斬新さ」を指すが、近年では「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。ノベルティを媒体とした広告をスペシャリティ広告(特殊広告)ともいい、プレミアム(景品)とは区別される。また、「ノベルティアイス」のように、「廉価品」という意味で使われる用法もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

業界最大級、3万点品揃え。『 ノベルティグッズ・販促品・名入れ記念品の専門店 』 人気ランキング毎日更新 ・季節商品 ・エコバッグ ・モバイルグッズ ・衛生健康グッズ ・低単価バラマキ ・文房具 ・マグ、タンブラー 等。『名入れ・オリジナル・見積・提案』

製品をつくるときには、マニア層を獲得することを目標にするといいでしょう。一般的に受けを狙うことも重要ですが、その製品をたくさん使ってくれる人やコレクションしてくれる人が多いほど、リピート購入を促しやすくなるからです。マニア層を獲得するのに役立つアイテムがノベルティグッズです。一般の人が聞いてもわからない言葉かもしれませんが、雑誌やイベントのときにおまけとしてついてくるアイテムのことです。女性向け雑誌の場合には、ポーチやエコバッグがついていることが多いです。その際に重要なのは、女性向けのときにはノベルティグッズとわからないクオリティであることです。安物やおまけだと思われるアイテムは使いにくいので、ノベルティグッズだけど販売されている製品とクオリティに差がないことが大切です。飲料水にもついていることが多く、アニメのキャラクターがフィギアとしてついていることが多いです。人気になっているアニメのキャラクターをノベルティグッズとして飲料水を販売するだけで大きな利益を見込めることもあります。これは、アニメのキャラクターが好きで、全種類をコンプリートしようと大量購入をしてくれたり、リピート購入をする人がいるおかげです。そのため、マニア層を狙って、飲料水にノベルティグッズをつけてみると意外な販促効果をもたらしてくることがあります。ノベルティグッズは、企業のイメージアップや認知度アップのためにつけられるもので、おまけとしての役割が大きいです。非売品のため、場合によってはプレミアがついたり、コレクターの間で取引されていることもあります。企業のイメージ戦略や打ち出す製品との相性やターゲットを考慮して、製作をするといいでしょう。製品以上の価値があるアイテムもたくさんあるので、そういったアイテムを参考にしながら製作をしましょう。幅広いターゲットを狙うのもいいですし、コレクションをしたい衝動に駆られるアイテムを作り出すのもいいです。
PAGE TOP ↑