看板デザイン相談所

Home > サービス> 看板デザイン相談所

店舗の看板デザイン、施工は【看板デザイン相談所】神奈川・東京 |


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

おしゃれ看板の専門店。看板デザインで集客、ブランディングを考えトータルでプロデュース。横浜を中心に、神奈川・東京・関東近郊まで。飲食店、学習塾、クリニックなどのお店や商業施設の実績多数掲載。看板デザイン~設置まで安心してお任せ頂けます。

看板は街に多く見かけることができますが、看板を出しているお店や企業にとっては重要な広告ですよね。多くの人に見てもらうだけでなく、興味を持ってもらうことも重要な役目となりますよね。そのため製作する場合は、インパクトや印象に残るように作るのも大切ですね。では実際に看板を製作する場合ですが、最初にすべきポイントとして設置する場所を決めるという点があります。設置場所が決まっていると、実際にどれくらいのサイズにするかがイメージしやすいですよね。また周りの風景や状況などにも合わせて、インパクトを残せるように工夫する事もできます。次にどのような看板にするかを考える必要がありますが、使用する文字によってイメージが大きく変わることを理解しておくことが大切です。日本語の場合は漢字やひらがかにカタカナもありますよね。またアルファベットや数字を組み合わせる場合は、与える印象だけでなく見た目も大きく変わりますよね。文字を使う時に漢字にするかひらがなにするか印象が変わります。同時に文字からお店や企業へのイメージへと繋がります。そのためデザインを考えるかていで、文字から人に与える印象を考えてことがポイントにもなります。また看板自体を見てほしい人のことを考えて製作することも必要になります。デザイン1つをとっても、興味を持ってもらう年代などは大きく変わってきますよね。かわいらしいキャラクターを作成すれば、若い女性などが多く興味をもちます。逆に落ち着いた文字や色合いであれば、年配の方が目を止めてくれます。また青い色やスポーツ系のデザインなどを組み合わせると、男性がより興味をもってくれます。出来上がった看板1つで、目にとめてくれる年齢や性別などが変わってきます。そのためどういった世代や性別に人により興味を持ってもらうようにするのか、その点をしっかり明確にしておくとデザインもイメージしやすくなります。看板1つとっても様々な効果をもたらしてくれるので、ポイントを抑えて製作することが大切になります。
PAGE TOP ↑